サイトメニュー

注射器で簡単施術

看護師

噛筋に作用しすっきりフェイスライン

美容整形の中でも多くの人に注目されているのがボトックス注射です。このボトックス注射はこれまで医療の分野で長年使われてきましたが、1980年代頃から本格的に美容の分野で使用されるようになりました。また、ボトックス注射はこれまで重篤な副作用の報告例がなく、安全性に優れた施術となっています。ボトックス注射にはどのような作用があるのかというと、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑制し神経管の働きを鈍くする働きがあります。顔が大きく見えてしまうエラ張りの場合、咬筋と呼ばれる筋肉が発達して膨らんでいる場合が多くあります。通常の使用範囲であればそこまで咬筋は発達しませんが、歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある人は咬筋が発達しやすい傾向にあるでしょう。その結果エラ部分の筋肉が大きく膨らみ顔が角張って見えてしまいます。そんなエラ張り部分に注入することで咬筋の動きをコントロールし、筋肉自体を小さくすることが可能です。咬筋が小さくなることでエラ部分もすっきりし、シャープなフェイスラインをつくることが出来るでしょう。エラが張った大顔の場合、自分でマッサージなどしてもなかなか小顔になることが難しくなってしまいます。そのため、小顔になることを諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。ボトックス注射であればそんなエラ張りでもすっきりとした小顔を目指すことが出来、悩みを解決することが出来るでしょう。エラが張っていることを気にしている人は、クリニックに相談することをおすすめします。

メスを使用せずに施術を行うことが出来るボトックス注射ですが、小顔施術の他にも美容整形の中で利用されています。その他の施術としてはふくらはぎの筋肉を細くし足痩せ効果や、ワキガ改善、多汗症改善にも役立てることが出来るでしょう。現在美容整形の中で様々な施術に利用されており、多くの人の悩みを解決しています。やはりメスを使用する施術ではなかなか勇気が出ないという人も中にはいます。この施術であればメスを使用せずに手軽に小顔効果を実感することが出来るので多くの人に選ばれているのではないでしょうか。施術中は痛みも少なくボトックスを注入する際のチクッとした痛み程度になっています。エラ張り改善の施術であれば咬筋の大きさに合わせてフェイスラインに数ヵ所ボトックスを注入します。注入後、数日経った後から徐々に効果が現れてくるでしょう。すぐに効果が現れるわけではありませんが、逆にそれが周囲の人にバレずに済むのでおすすめです。メスを使用した施術の場合は施術後すぐに大きく見た目が変わったり、腫れなど強く出てしまう場合が多くありますが、ボトックス注射であれば徐々に効果が現れ始めるので他の人にバレにくくなっています。また、腫れも大変少なく、もし腫れたとしても虫に少し刺された程度の腫れになるでしょう。エラ部分を改善するだけで見た目の印象も大きく変わります。角張ったフェイスラインも丸みを帯びたきれいなフェイスラインに整えることが出来、横顔もシャープに見せることが出来るでしょう。ぜひエラ張りの悩みはボトックス注射で解決しましょう。